読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スケブノート

スケッチブック(小箱とたん先生)のことや漫画の感想を書くブログ

スケッチブックfullcolor's 11話・12話 感想

 

 

スケッチブック~full color's~ 第6巻 [DVD]

スケッチブック~full color's~ 第6巻 [DVD]

 

 

11話「風邪の日と、ねこねこpart3」

 

 冬になり、白い息を楽しんでいる空。可愛い。しかし、それが原因で風邪をひいた様子。

お粥を作ってくれて看病する青。お粥を入れている容器が、とたん先生の化身である、ティッシュカバーに酷似しているような気がします。色使いがそっくり。

そんな空の様子を、向かいの家の屋根から眺めているミケとハーさん。餌を期待していた様子。賞味期限切れのものしかもってこないのに。

2匹に気づき、餌を持ってきてくれた空。当然賞味期限切れ。ミケ達は梶原家の冷蔵庫整理のために利用されています。

嫌がっている2匹と、喜んでいると勘違いしている空が面白い。ミケとハーさんの思いは伝わりません。

風邪をひいているので何もできず、暇な空。時計の音に集中したり、電気を人の顔に見立てたりと、独特な暇のつぶし方をしています。

場面変わって学校。美術室にて、昼食。空の心配をしているみんなが優しいですね。ただ、それを尻目に空閑っちの奇行が目立つ。カーテンの中が落ち着くのは、少し分かります。

ほっけ弁当に昼食を買いに来た部長さんと、店員を利用したハーさんによるアテレコ。

ハーさんは、「動物の気持ちを勝手に台詞にするな」とご立腹気味。確かに番組でよく見る演出。

その意見に賛同するクマ。猫界では3大問題の1つになっている様子。残りの2つは何。

結局は、人と猫とでコミュニケーションをとることができないことが問題だと。ミケ達はみんな字を書けるのに。そこにツッコミを入れるハーさんと、無視をし続けるミケ達。ハーさんのメタ的なツッコミが面白い。

手話をしたらどうだと提案するミケ。その提案に指の短さの問題点をあげるクマ。ここのシーンの普通にチョキをだすミケとそれに怒るクマのやり取りがナンセンスで面白い。

涼風コンビ、屋上でなにやら叫んでいます。涼ちゃんは、今日の夕飯はすき焼きが食べたいとお母さんに向かってシャウト。スケッチブックのキャラクターが親について物を言う貴重なシーン。そして風ちゃんは、田辺家のすき焼き事情をカミングアウト。風ちゃんは涼ちゃんの家で、すき焼きを食べたことがあるのでしょうか。親公認の仲である可能性が浮上してきました。

 一方、風邪により暇を持て余している空。天井のシミが邪悪な顔に見えることから、「ゴモス」と命名。電気は「ポン・チョイミンさん」と空のネーミングセンスが光る。野良猫たちには、割と適当に名前をつけている印象がありますが。

 布団の上で悶えている空が可愛いですね。風邪で辛そうですけど。

「学校、行きたかったなぁ」と言う空。普段の学校生活や、美術部の活動を楽しんでいることが分かる、とても好きな台詞です。

 再びミケ達。ブチが登場。文字通り英語を「ペラペラ」と話すブチが可愛い。ポーズも含めて。

そのブチを見て、ボディランゲージを思いつくクマ。ここの一連のやり取りがとても面白いです。怒涛の勢いに笑いました。

梶原家にて。美術部のみんなが次々とお見舞いにやって来る展開に。

夏海:ケロ吉の遠縁のクロ吉

葉月:風邪薬

ケイト:笑う髭の人の絵(谷)

春日野先生:生卵

朝霞:常に笑顔でいられるマスク

部長さん:お水

栗ちゃん:ジゴクノカマノフタ

ささっさん:弾き語りカセットテープ

空閑っち:カーテン(学校の備品?)

涼ちゃん・風ちゃん:白菜

どのお見舞いも早く治ってほしいという空への思いが詰まっていて感動します。

青も、美術部のみんなのことを変だけど良い友達だと言っており、その通りだと思います。あと、夏海から貰ったクロ吉で遊んでいる空が可愛い。これで夏海とはマペット仲間ですよ。

みんなが帰った後、ささっさんから貰った弾き語りのカセットテープを聴きながら、リラックスしている空。壁にケイトの絵を張り、ポン・チョイミンさんに栗ちゃんから貰った薬草を添え、ゴモスに朝霞から貰ったマスクを装着。涼風コンビから貰った白菜を抱きしめるという、みんなからのお見舞いを存分に堪能しています。

未だにボディランゲージを追及しているミケ達。一向に進展しない様子に見かねたブチが、打開策を提案。ここの妙な、とても可愛い踊りが良い。何回も見てしまいます。特にブチの「にゃんにゃにゃにゃんにゃ~」が可愛すぎる。

梶原家にて、夕食時。ちりめんじゃこが無くなっていることにより、空が賞味期限切れの餌を猫に与えていたことが発覚。やはり、空は無自覚で与えていたようですね。

 一夜明け、一晩中踊っていたミケ達。ただ、その願いが通じて賞味期限の切れていない餌にありつくことができた、ミケとハーさん。ミケも5話の時とは打って変わって、プライドがなくなってきました。定期的に餌をくれる人を確保している野良猫は、とても幸せなポジションにいると思います。

それにしても、ミケ達が空に対して、「梶原家の姉」と呼ぶのが良い。少し距離間のある言い回しが好きです。

 

12話「スケッチブックの日」

回想シーン。空と青の幼少期。この頃から絵を描くのが好きだったようですね。まだ、空がお姉ちゃんしています。今は、青と立場が替わっていますけど。

空・夏海・葉月・ケイトは久しぶりに街へお出掛け。

12話限定のOP「夏の記憶」をBGMに休日を満喫している4人。楽しそう。夏海のムードメーカーっぷりが存分に発揮されています。

葉月は銀行で預金通帳を作成。お目当てはふくだとくのすけ。あそこまで銀行全体が推しているのであれば、通帳のデザインもふくだとくのすけにしないのは疑問。銀行内に着ぐるみまでいたのに。

画材屋にて。品揃えが豊富そうなお店。

ここにきて葉月は、黄色い絵の具は高いと倹約癖が発動。さらにサーモンピンクの絵の具を見て、ふくだとくのすけへの未練も高まる。本人がブルーになってしまいました。

空とケイトは、絵の具選びに悩んでいるお兄さんと遭遇。朝霞のお兄さんの雷火さんです。

雷火さんは朝霞への誕生日プレゼントを選んでいる様子。優しいお兄さんですね。

雷火さんの「なんでも喜ぶからなぁあのこは」と言う発言から、贅沢を言ってはいけない神谷家の家庭事情を想像できて、なんとも言えない気持ちになります。朝霞の工作好きも裕福ではない家庭環境故の趣味だと思います。美術部では好き勝手やっていますが、朝霞いい子ですね。

いろいろプレゼントを提案するケイト。中々決め切らない雷火さんに激怒寸前のケイトが面白い。怒りをださなかったのは偉いです。

そんな中、空がスケッチブックを提案。とても良いチョイス。作品名的に見ても。雷火さんも納得の様子。

レストランで食事。4人ともスケッチブックを購入。空とケイトは、スケッチブックを購入して嬉しそうな雷火さんを見て、スケッチブックがとても素晴らしいものに見えたと。そういった相乗効果はあると思います。夏海と葉月は特売していたからだと。理由は違えど、みんな同じものを買うのが良い。

一枚目に何を描くか迷う空達。そんな3人を尻目に、「毛糸」と自分の名前を間違って書くケイト。これワザとボケてるのかなぁ。

同じレストランでスイーツを食べている涼風コンビ。いつも代り映えがしないと言う2人。机の下に潜って、指遊び開始。こんな光景見たら店員も驚きますよ。あと、4話同様私服が可愛い。スケッチブックは漫画、アニメともに私服は全体的に派手さがないデザインになっていると思いますが、アニメオリジナルの涼風コンビの私服は気合が入っていると思います。普段とのギャップが好み。

食事後街を散策している4人。

すると、根岸君と犬男を撮影しようとしているみなもんの現場に遭遇。

ぶるんぶるん尻尾を振っている犬男が可愛い。根岸君に完全に懐いていますね。根岸君は犬男に対して距離がありますが。

葉月は、銀行での傷を犬男で癒しているように見えます。

根岸君達のお父さんは単身赴任しており、お父さんに送る写真を撮影しているらしい。親思いの良い兄妹ですよ。

みなもんと一緒にいる根岸君をいつもとは違うと感じる空。家族と接するときとそれ以外の人と接するときは、みんな少しは対応が違うと思います。ある意味人は皆二重人格。

犬男を撫でても、ふくだとくのすけのことが忘れられない葉月。あまりの辛さに泣いてしまう葉月が可愛いです。

そんな時に、大量のふくだとくのすけが入ったクレーンゲームを発見。しかし1回200円。倹約癖が発動。やはり性には勝てない。ここの葉月を慰めるケイトが良いですね。

自分達の街へ帰って来て、公園で遊ぶ子供達を見て昔のやんちゃだった頃の青を思い出す空。そんな青を「バイオレンス」と評する空が面白い。今は、スケッチブックの中で実年齢は最年少タイですけど、一番精神年齢が高いのではないかなと思います。

梶原家にて。スケッチブックの一枚目に何を描くか悩んでいる空。画材屋で会った雷火さんの妹、つまり朝霞が何を描くのか気になっている様子。よっぽど、プレゼントが決まって嬉しそうな雷火さんの笑顔が印象に残っているようですね。

夕食。11話で風邪をひいたことにより、野菜率の高い食卓。青はしっかりしています。ここのシーンの全く迫力がない空の「ガオー」が可愛い。

神谷家にて。ここで朝霞と雷火さんの血縁関係が判明。ケーキとクマの首輪とスケッチブックを貰って、嬉しそうな朝霞。スケッチブックは雷火さんのサプライズですし、お願いしたプレゼントはクマの首輪だけと、自分のプレゼントは頼まなかった様子。謙虚な一面もある朝霞。本当にいい子だなぁ。この幸せそうな光景を見ていたら、こっちまで幸せな気分になります。

根岸家にて。お父さんに送る写真を選んでいるみなもん。どの写真でもいいと言いつつ、自分と犬男がくっついている、ベストショット選ぶ根岸君。ぶっきらぼうな優しさが良いですね。

再び梶原家。空は一枚目に、怪獣の絵を描いた様子。空は可愛い怪獣を描きますね。

翌日の学校。

夏海は一枚目にケロ吉達の絵を描く。この画像欲しい。とても良い絵だと思います。

葉月はクレーンゲームの絵。イメージトレーニングに役立てる為らしい。ふくだとくのすけの絵ではないのが葉月っぽくて良い。

プレゼントしてもらったスケッチブックを持ってきた朝霞。何を描くのでしょうか。朝霞は工作ばかりで、あまり絵を描くシーンがないので、どのような絵を描くのか気になります。朝霞に限った話ではないですけど。

家族愛を描いた12話。fullcolor's屈指のハートフルな回。

 

広告を非表示にする