スケブノート

スケッチブック(小箱とたん先生)のことを中心に書くブログ

スケッチブック 183話 感想

 

 

 

note-book.hatenablog.com

 「SA」

言われてみれば確かにローマ字ですね。なんでserviceの方を使わないんだろう。ローマ字って日本人しか使わないはずなのに、ばっちり知っているケイト。日本出身と疑われても仕方がないね。

 

「おしぼり」

おしぼりの袋に切れ目が入っていることに「よい心がけだ」と、企業努力を労う空が面白い。切れ目が入っていなかったら破りにくいですからね。

 

「焼きのり」

空って焼きのり派なんだ。のりまで破いてしまうのは、あるあるです。自分もよく失敗します。

 

「たまご」

ゆでたまごと生卵の判別が難しいのは分かります。見分ける手段ないのかな。

 

「しょうゆ」

しょうゆのかけすぎは、料理をダメにしかねないので、注意しないといけませんね。しょうゆをかけるのにも一苦労な空が良い。

 

「味噌汁」

今度は味噌汁の蓋を開けることができない空。「しかしあせってはいけない」と冷静な様子。でも、失敗。対策をとっても失敗するところが良いですね。

 

「まとめ」

いろいろと失敗しながらも、食事を楽しんでいる空がいいね。4コマ目の満足そうな表情が可愛い。「美味し」。

 

「ビール」

あまり犬が登場しないスケッチブックに可愛いビーグル犬が登場。この犬朝倉先生の飼い犬なんですかね。とても可愛いです。それはそうと、本当にスケッチブックって飲酒のシーンないよね。成人しているメインキャラ7人もいるのに。

 

「封」

割りばしで封するのは中々良さそうですね。今度真似してみます。ビーフジャーキーにそれなりの味と表記されていましたけど、どんな味ですか。食べてみたい。あと、目を開けた朝倉先生久しぶりに見た気がします。目を開けると、涼ちゃん・風ちゃんに似ていますね。

 

天津飯

天津飯って中国の料理じゃないんだ。知らなかった。4コマ目の首をブルブル振っている高嶺が可愛い。

 

天津飯2」

渓の適当な発言を適当に流す高嶺が良い。相変わらずこの2人のやりとり力が抜けていて面白いね。

 

天津飯3」

天津飯とかに偶に」と「天津飯とかに玉に」の言葉遊びが面白すぎる。とたん先生凄い。口に出して言いたくなります。

 

「天津」

渓や高嶺って映画あまり見ないのかな。スケッチブックは映画に興味ありそうなキャラクターいないですけど。「天津ラブソング王」ってコメディー映画っぽい名前ですね。

 

「タコイカクラゲ」

3コマ目栗ちゃんの「どうだい?」が面白い。この台詞には「ややこしいだろ」というニュアンスがはいっているような気がします。そして、生物の名前付けに対してちくりと刺すささっさん。ささっさんはツッコミの腕がグングン上がっていますね。二年生で一番「無難なツッコミ」が上手いんじゃないかな。根岸君は絶叫系だからね。

 

「新郎新婦」

涼ちゃんって結婚に興味あるのかな。あと、風ちゃん久しぶりに見た気がする。心労している新婦のイラストが面白いです。4コマ目の風ちゃんの呆れた表情が良い。やっぱり涼風コンビのネタって涼ちゃんが考えているんですかね。涼ちゃんが考えたネタを風ちゃんに見せて、面白かったら一緒にやるみたいな感じだと想像しています。

 

 

いつもより一層グルメ漫画な183話。とても面白かったです。今回空が定食屋で1人ご飯をしていましたけど、スケッチブックのキャラクターって全体的に、1人ご飯ひいては1人行動余裕そうなところが逞しくて良いなと思います。ランチメイト症候群とは無縁だなぁ。

とたん先生の言葉遊び集のような本を出してほしい。それくらい自分のツボに毎回はまります。今回のかに玉云々のネタはここ最近の言葉遊びネタで特にお気に入りです。

来月も楽しみ。

 

 

note-book.hatenablog.com

 

広告を非表示にする