スケブノート

スケッチブック(小箱とたん先生)のことや漫画の感想を書くブログ

スケッチブック 上野さんの釣り

本編でシリーズ化している、上野さんの釣りエピソードをまとめました。

 

 

話数

登場人物

釣れたもの

2巻21話

空・夏海

ナマズ・フナ

3巻30話

夏海

ブルーギル

3巻42話

空・夏海

ブラックバス

4巻55話

空・栗ちゃん

ドンコ・ウグイ

5巻61話

空閑っち・柴田さん

なし

6巻85話

夏海

長靴

10巻142話

葉月・高嶺

アジ・フグ

11巻149話

夏海・栗ちゃん・渓・高嶺・みなもん

アイゴ(バリ)・アナハゼ

11巻150話

夏海・栗ちゃん・渓・高嶺・みなもん

アオリイカメジナ(クロ)

184話

栗ちゃん・ささっさん・梶原父

ヤマノカミ

 

 

このシリーズはとても好きです。様々な魚の豆知識を学ぶことができます。少し前にニュースでやっていた、アニサキスのことも150話で知りました。もう1度アニメ化するのであれば、149・150話のエピソードはアニメで絶対に見たいエピソードですね。たくさんの魚の豆知識があり、キャラクターネタも豊富で映えると思います。

上野さんは近所の構ってくれる優しい兄ちゃんという感じで好きです。上野さんも、渓同様脱力感のあるキャラクターですので、空達とのやり取りは力が抜けていて面白いです。柴田さんと接するときは、熱くなっていますけど。

栗ちゃんは、上野さんと接するのが楽しいんじゃないかなと思います。栗ちゃん以外で、生物関係の趣味があるキャラクターは上野さんだけですからね。話がとても合いそうな2人だなと思います。

上野さんって根岸君や部長さんと共演しないから基本的に周りが女の子だらけなんですよね。周囲の釣り人から羨ましいと思われているんじゃないかな。でも上野さんは女性に興味がなさそうというか、魚と釣り以外に関心がなさそうなところが良いなと思いますね。半世捨て人のような生活がちょっと羨ましいなとも思います。私生活が謎な上野さんですけど、いつかその謎が解明される日が来てほしいです。謎があるのは上野さんに限った話ではないですけどね。

これはちょっとした疑問です。夏海と上野さんって親戚の関係ですけど、何で兄妹という設定ではないのかなと思うことがあります。夏海はよく上野さんの家に遊びに行って、2人で描かれることも多いので兄妹という設定でもいいような気がしますが。そこはとたん先生のこだわりがあったのかなと思います。親戚関係特有の、少し距離のある感じは好きです。夏海が「上野さん」とさん付けで呼ぶところとかね。上野さんが夏海のことを「なっちゃん」と誰も呼んでいない愛称で呼ぶのも良いですね。親戚って感じがします。それに「別々の家に住んでいるのに2人で描かれる」というのが味噌かなと思います。家をよく訪ねる程仲が良いということが伝わってくるので、微笑ましいです。ただ、夏海は上野さんのものぐさな様子に対して、よく呆れたような表情をしていますけど。そういったところも込みでこの2人のやり取りや関係は好きです。どちらも福岡の方言を話すので、福岡県が舞台の漫画だということを改めて思い出すことができる2人だとも言えます。

次に、釣りシリーズが描かれるのであれば、涼風コンビと共演してほしいなと思います。この2人は様々な知識を持っていますし、上野さんと対等に魚談義ができるのではないでしょうか。あと、涼風コンビを見た上野さんのリアクションも見てみたいです。上野さんが涼風コンビに振り回される映像が浮かびますね。ちょっと想像するだけで、とても楽しいです。

次の釣りシリーズ、ひいては上野さんの出番も楽しみです。でもやっぱり柴田さんとの共演が一番見たいかな。

 

 

広告を非表示にする