スケブノート

スケッチブック(小箱とたん先生)のことを中心に書くブログ

スケッチブック 185話 感想

 

 


note-book.hatenablog.com

 

 「梶原【父】」

話は184話の続きです。空のお父さんの名前は「梶原畦道」と格好いい名前ですね。そして3コマ目、ツッコミとして約2年ぶりにみなもんが登場。あの1ツッコミの為にみなもんを登場させるとは豪華な起用です。というかこれをみなもんとしていいのでしょうか。見た目が完全にみなもん(笑)なんですけどね。それにしてもユタンポは解説・ツッコミともに優秀なキャラクターですね。「なんだよもう」。苦労人(猫)っぽくて可愛い。今後もユタンポとみなもん(笑)のコンビ解説みてみたいですね。面白そう。

 

「涼風現る」

やっと念願の涼風コンビと上野さんの共演を見ることができて嬉しい。15年目にして初共演です。「相手してくれる人を探している」と言う涼ちゃんが可愛かったね。

 

「還付金」

やたらと現実的なネタですね。「還付金」と「パンプキン」を掛けた言葉遊びが面白い。3コマ目、目をしいたけみたいに輝かせながら「カボチャだーい好きー」と言っている涼ちゃんが凄く可愛い。あと、4コマ目のもぐもぐしている涼ちゃんも良いね。皮を向いてから食べた方がいいと思うけど。

 

「本能寺」

本能寺の模型を作ったという涼ちゃん。器用だね。しかし、猫やてんぷらが添えられていて「本能寺が変」。シャレにキレがあるよ。

 

「凶弾に倒れる」

胸ポケットに入れていたもので助かるあのシチュエーション。4コマ目、呆れてツッコまなくなった栗ちゃんの無言の後頭部が面白い。

 

「釣り」

釣り再開。初涼風コンビに戸惑う梶原父さんと至って冷静な上野さんの対比が良い。まあ、上野さんは今までに変わった人をたくさん見てきているからね。そして、当たり前のように釣竿を取り出して釣りを始める涼風コンビと自作をする栗ちゃん。過去最多5人での釣り。

 

「ハス」

ハスを釣る梶原父さん。それに対抗して花のハスを釣る涼ちゃん。間髪入れずにネタを仕込んでくる芸人魂が格好いい。

 

「ハス2」

上野さんはハスをブラックバスの仲間かなにかと勘違いしていた模様。まあ、魚の名前も虫同様にややこしいから勘違いしても仕様がないね。

 

「ウグイ」

ウグイを釣った上野さん。ウグイは4巻55話100頁でも登場していましたね。上野さんが「ウグイっす」と説明したところ、梶原父さんは「ウグイス」を連想。このあたりまんま空ですね。空と根岸君の「蚊に噛まれたっす」「かにかまレタス」を思い出します。いやー親子親子。

 

「ウグイス」

スケッチブックのキャラクターって全体的に、相手の頭で考えていることを読み取る能力に長けているなぁ。そして、うぐいすパンを持参していた涼ちゃん。ネタ出しを早まった様子。

 

「うぐいすパン」

「美味しいよこれ」とナチュラルに溜口なのが面白かった。スケッチブックのキャラクターは溜口に寛容。実際の鶯色にのっとってうぐいすパンを自作してきた涼ちゃん。本当涼ちゃんも栗ちゃんに負けてないくらい生物知識ありますね。

 

メジロ

鳥にちなんだパンをいろいろ自作してきた涼ちゃん。料理得意なんですかね。お寿司も握れるし。本当になんでもできるなぁ。しかし、この大量のパンを一体どこから出してきたのか。涼風コンビは4次元ポケットでも持っているんですかね。

 

「トング」

トングガチガチは自分もします。これは人類のあるあるネタだと思います。おそらく、きちんと使えるか試す為にガチガチするのでしょうけど。

 

「ギバチ」

栗ちゃんの釣ったギバチのヒレには毒がある様子。針を抜く為に涼ちゃんのトングを使う栗ちゃん。案の定ガチガチしています。それはそうと涼ちゃんの作ったパン美味しかったのかな。自分も食べてみたい。いいなぁ上野さん。

 

「てんぷら」

4コマ目、ここで「本能寺」の模型に添えられていたてんぷらが寺の英語temple(テンプレ)に掛かっていたことに気づく栗ちゃん。栗ちゃんはどうでもいいことと言っているけど、こういう細かい小ネタに気づくのって、提供した側は嬉しいんじゃないかな。

 

 

 

前回からの続きネタでしたけど、面白かったですね。ワンポイントでみなもんがでてきたり、ユタンポが困っていたり、涼遇コンビのネタたくさんだったり、生物ネタもあり非常に盛りだくさん。以前からずっと見たかった涼風コンビと上野さんの共演も見ることができて大満足です。あと、最近2人での出番が少なかった涼風コンビでしたけど、どのネタもキレがあって本当に面白いと改めて思います。言葉遊び最高。やっぱり最強コンビだよ。梶原父さんは美術部外のキャラクターなので今後はたまに登場する感じだと思いますけど、次は空や青と一緒に登場して、梶原家のエピソードが見たいです。青がツッコミに苦労するところが見える見える。それにしても、前回・今回を始めてみた人は釣り漫画と勘違いする人いるんじゃないかな。美術部要素が行方不明。それは今に始まったことではないですけどね。

 

来月も楽しみ。

 

広告を非表示にする